東京 あきる野市で外壁塗装・防水工事・雨漏補修なら東美装へ

東美装は東京都あきる野市を中心に
個人住宅の外壁塗装・防水工事・雨漏補修に関する
施工を長年行っています。

ご予算 / 施工納期など、お客様のご要望へ
可能な限りお応えできますようヒアリングおよび
現地調査に努めております。

 

立川市/武蔵野市/三鷹市/府中市/昭島市/調布市/小金井市/小平市/東村山市/国分寺市/国立市/
狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/西東京市/八王子市/町田市/日野市/
多摩市/稲城市/青梅市/福生市/羽村市/あきる野市/瑞穂町/日の出町/檜原村/奥多摩町

外壁塗装の時期を知らせる症状について

東京都あきる野市の東美装です。
当社では外壁塗装や防水工事、雨漏り補修のご依頼を承っております!
対応エリアは立川市や武蔵野市など三多摩エリアをメインに対応しております。

外壁塗装は常に日光や雨、風があたるため、日々劣化していきます。
そのため1回塗装を行えばOKではなく、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスは塗装に使用した塗料の耐用年数にて時期を計ることもできますが、
環境によって耐用年数まで効果が持続しない可能性も多いにあります。

そこで今回は「外壁塗装のタイミングがわかる主な症状」についていくつかご紹介します。

外壁のヒビ割れ

外壁にヒビが入っていませんか?
ヒビのサイズにもよりますが、大きなヒビ割れの場合、ヒビから雨水が浸入し雨漏りになることも。
雨漏りは屋根から発生するイメージがありますが、実は外壁から発生するケースも少なくありません。
ヒビを発見したら大きくなる前にメンテナンスを行うようにしましょう。

塗装の膨れ・剥がれ

塗装が剥がれている部分があったり、膨れている部分があったりしていませんか?
上記症状は塗装が劣化しているサインです。
塗装の塗膜部分に雨水が入り込むと、膨れや剥がれがおきます。
こちらも放置してしまいますと雨漏りなど甚大な被害に繋がりますので要注意です!

外壁に触れると白い粉がつく

外壁に触った時に手に白い粉がついた場合も外壁が劣化しているサインです。
白い粉をチョーキングと言い、塗膜の機能が低下していると起こります。
度合いとしては手のひら全体に粉がつくようであれば塗装を行うタイミングと言えます。

東美装では、外壁塗装から防水工事、雨漏りの補修まで幅広く対応可能です!
外壁塗装のメンテナンスを行いたい方や、雨漏りが発生してしまって補修をしたい方など
お気軽にご相談下さい!

雨漏り防止に必要な防水工事について

東京都あきる野市の東美装では、三多摩エリアを中心に、
外壁塗装、防水工事、雨漏り補修のご依頼に対応しております。
予算に合わせた迅速で丁寧な対応が強みです!

今回は当社で行っている防水工事についてご紹介しますので、是非ご覧ください。

防水工事とは?

防水工事は、建物の雨漏りや漏水を防ぐために必要な工事です。

内容としては建物の表に水を通さない膜を作ることで雨水から建物を守ります。
防水工事は一戸建てやビル・マンション等全ての建物において、とても重要な役割を持っております。

防水工事にもいくつか工法の種類がございます。
東美装では場所や状態によって、最適な施工を行っていきます。

  • シート防水
  • ウレタン塗膜防水
  • アスファルト防水
  • FRP防水

防水工事は一般的に10年に一度くらいのペースで行うことが目安となっております。
屋根や屋上部分は日々、雨風にさらされている部分になりますので、経年劣化します。
雨漏りや漏水・ひび割れ等、気付いた時にはすでに防水効果が無くなり問題が生じてしまっているということにもなりかねません。

雨水が建物の内部に侵入しますと、内部がカビてしまったり、腐食してしまったりと大きな被害につながってしまいます。
1度やってもらったので大丈夫。ではなく、定期的にメンテナンスするようにしましょう。

防水工事の劣化症状

基本的には10年に1度の防水工事が目安とお話しましたが、下記の経年劣化症状がある場合には、
防水機能が低下している可能性があるため、早めに行う必要がございます。

  • 塗装がはがれている箇所がある
  • ひび割れ(クラック)している
  • シーリング部分の縮みや割れにより隙間ができている
  • 塗装部分の色あせや触った時に手に粉がつく

当社ではしっかりと現場調査を行い、現状の状態をご説明しながら最適な防水工事プランのご提案をさせていただきます。
防水工事のことなら是非、東美装にご相談下さい!

外壁・屋根塗装で使用する塗料をご紹介

東京都あきる野市の東美装です。個人住宅の外壁塗装・防水工事・雨漏り補修工事を承っております。長年の経験とノウハウを活かしてお客様のご要望に可能な限りお応えします!

外壁や屋根塗装には塗料の種類がいくつかございますが、「どの塗料が長持ちするのか」「どのような特徴があるのか」は知らない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は外壁・屋根塗装で使用する塗料についてご紹介いたします!

シリコン塗料

まずシリコン塗料についてご紹介します。

シリコン塗料は塗料に含まれている樹脂の主成分がシリコンのものになります。
外壁塗装でよく使用されている塗料で、メジャーな塗料と言えます。

よく使用されているだけあり、利点もたくさんある塗料です。シリコン塗料の利点として下記が挙げられます。

塗装のツヤが長く持続する

雨水や空気中のホコリなどで汚れにくい

湿気による結露やカビが発生しにくい

シリコン塗料の耐久年数は外壁で12〜15年、屋根で6〜8年と年数は長めになっています。
その分費用は少し高くなりますが、長持ちする塗料で塗装することで雨漏りなどの被害を防ぐことができるので、塗装には長持ちする塗料での施工をオススメします。

フッ素塗料

フッ素塗料は先ほどご紹介したシリコン塗料よりも耐久性の高い塗料になります。長持ちする塗料のため、ビルや商業施設等で主に使用されていましたが、最近では一般住宅でも使用されるようになりました。

先ほどのシリコン塗料と同じく「長持ちする」「汚れにくい」「結露やカビを防ぐ」といった特徴の他に「防水性」も兼ね備えています。 水の浸入を防いでくれるので、外壁はもちろん、屋根塗装にオススメです。

耐久年数は外壁で15〜20年、屋根で8〜10年と耐久性はバッチリです。

東美装では現在、毎月3棟限定の外壁・屋根塗装のキャンペーンを行っております。
今回ご紹介した塗料での施工プランとなりますので、ご興味のある方は是非ご連絡ください!

東美装の大切にしている事について

東京都あきる野市にあります東美装では、三多摩エリアを中心に外壁塗装や防水工事、雨漏り補修工事を承っております。

今回は当社が大切にしている事についてご紹介します。

お客様に寄り添ったご提案

当社ではお客様に信頼していただけるよう日々努めています。

信頼できていないと、安心して施工を依頼できないですよね。そのため、お客様とのヒアリングをとても大切にしています。

お客様のご要望とご予算をお聞きして、最適な施工をご提案いたします。
また、施工を開始する前には詳細なお見積りとわかりやすい施工計画をご提出いたしますので、「何を行うのか」「何のために行うのか」を明確にした上で施工を行わせていただきます。

迅速な対応

施工では雨漏りなど、急を要する状況もあるかと思います。当社では迅速かつ丁寧に施工を行わせていただきます。お急ぎのお客様もぜひご連絡ください。

また、コミュニケーション面でも迅速な対応を心がけております。 ご不安なお気持ちにさせてしまうことが無いように、早めの対応をいたします。

ベテランスタッフによる長持ちする的確な施工

当社には一級塗装技能士と二級建築施工管理技士が在籍しております。 今までの経験とプロの知識、ノウハウを活かして長持ちする施工を行わせていただきます。

今後の定期メンテナンスや、日常で注意すべきことなどご質問があればぜひお聞きください。 ご不安な点やご不明点の解消が出来ればと思います。

いかがでしたでしょうか?

外壁塗装や雨漏り補修をお考えの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください!
また当社では失敗しない塗装工事についてまとめた冊子を無料でお送りしております。
興味のある方はぜひ、こちらもご連絡いただければと思います。

ホームページ制作
2022/11/24
ピックアップへ「外壁塗装の時期を知らせる症状について」を掲載いたしました
2022/09/21
ピックアップへ「雨漏り防止に必要な防水工事について」を掲載いたしました
2022/07/12
ピックアップへ「外壁・屋根塗装で使用する塗料をご紹介」を掲載いたしました
2022/06/28
施工事例ページへ「A様邸 外壁塗装」を掲載いたしました
2022/05/31
施工事例ページへ「鉄骨階段 塗装工事」を掲載いたしました
2022/04/12
新たに施工の保証についてのページを掲載いたしました
2022/04/01
施工事例ページへ「K様邸 外壁塗装」を掲載いたしました
2022/03/01
施工事例ページへ「K様邸 外壁塗装 屋根塗装」を掲載いたしました
2022/01/25
ピックアップに「東美装の大切にしている事について」を掲載いたしました
2022/01/12
外壁塗装の施工事例を1件追加しました
2022/01/05
スマートフォンでの表示に対応いたしました
2021/12/16
有限会社東美装ホームページを公開いたしました
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE